主に政治などの真実に関してわかってきたことを世の中の目覚ましアラームとして書いてます(^_^;) @JunjiHattori


by rakusen21

プロフィールを見る
画像一覧

寄付のお願いとリンク

私のようなフリーなUSTREAM中継市民やネットジャーナリストを応援してください。
寄付をよろしくお願いします。
(^_^;)

ゆうちょ銀行:東京 上石神井
記号 10560
 ※ネットからは〇五八 店
        (ゼロゴハチ店)
番号 858351
服部 順治

三菱東京UFJ銀行:五反田支店
店番 537 
普通口座 4701559
服部 順治

以上、よろしくお願いいたします。
私のツイッター

なお私のサイト紹介:(^_^;)

小説9.11ネクスト

めざまし政治(旧落選運動)

世界の仕組みなどを教えてくれる「ツァイトガイスト 時代の精神

9.11の真実

日航機墜落の真実を求めて

人工地震兵器HAARPの真実

地球温暖化詐欺の真実

記事ランキング

最新の記事

「北朝鮮による」と称する大規..
at 2017-05-29 07:54
大規模サイバー攻撃は北朝鮮で..
at 2017-05-25 07:45
アメリカで卑弥呼の後を継ぐ台..
at 2017-05-19 02:50
安倍首相はなぜ共謀罪の可決を..
at 2017-05-14 02:54
安倍晋三らオウム地下鉄サリン..
at 2017-03-14 06:39
バングラデシュ・ダッカ人質テ..
at 2016-07-06 14:27
衝撃のアメリカ地下軍事基地の..
at 2015-11-04 06:16
福島原発爆破および3.11人..
at 2015-08-08 02:25
最高裁がアメリカに占拠された..
at 2015-07-20 02:45
韓国MERSはペンタゴンの生..
at 2015-06-20 12:28
殺されたNHK:ダイイング・..
at 2015-05-31 08:39
徳島不正選挙の顛末:不正選挙..
at 2015-05-12 22:39
天皇日銀の犯罪:北朝鮮拉致事..
at 2015-04-05 10:39
実は今も続く天皇財閥の支配(..
at 2015-04-01 15:18
ドイツ航空機A320墜落の真..
at 2015-04-01 12:58
ディズニーランドに閉じ込めら..
at 2015-03-24 11:03
プーチンを殺せ!マレーシア機..
at 2015-03-23 02:22
NHKが暴露したオウム事件の..
at 2015-03-20 23:29
今も残る裏社会の忍者とその歴..
at 2015-03-20 00:05
天皇のデスノート~オウム、福..
at 2015-03-18 20:53

以前の記事

2018年 12月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 07月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2006年 05月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 09月

ブログパーツ

最新のコメント

ツイートにあったロシアか..
by 通りすがり at 01:06
なるほど勉強になりました..
by 日本人 at 21:23
とても面白い視点ですね!
by ako at 19:20
ブログを拝見しました。 ..
by 原発もうたくさん at 07:20
ブログ拝見させていただき..
by dokuritsusite at 06:38
隠蔽のために作業員に身元..
by p at 23:13
相馬イコール現在の柏?な..
by 相馬小次郎 at 03:56
 最近、日本の経産省の認..
by 日ピス工具鋼 at 20:53
天皇日赤日銀財閥一族らは..
by アプルパイ at 22:10
地震時には同業者が土工事..
by パイルマン at 12:00

最新のトラックバック

偽の旧一万円札600枚使用か
from 時々時事爺
貴方は菅・岡田・民主党に..
from YAMACHANの@飛騨MA..
放射線を少し浴びると元気..
from ティルさんの気まぐれ日記 S..
菅陣営、政治とカネで攻撃
from 時々時事爺
(映画)アバター(AV..
from ゼロから
アバター:アメリカの恥部..
from にほん民族解放戦線^o^
09-357「AVATA..
from CINECHANの映画感想
映画「アバター 3D 字..
from ディレクターの目線blog
陰謀論の主要作家紹介と完..
from ダ・ヴィンチ・コードの解説!
2009年8月30日無血..
from エクソダス2005《脱米救国..

カテゴリ

全体
市民デモ
時事
随筆
この世の闇に巣食う者たち
医療問題
市民の声
この国のあり方
地政学
金融マフィアの動向
天皇の起源と系譜
歴史の真実
福島原発事故
科学と技術
不正選挙
未分類

画像一覧

ブログジャンル

サラリーマン
政治・経済

検索

フォロー中のブログ

ファン

その他のジャンル

天皇のデスノート~オウム、福島原発爆発などの犯人に迫ると超巨大カルト教団の影が!


順ちゃん和枝のすっぴんトーク 2015年3月18日(水)

 ひょっとしたことから、笹川平和財団(CIAやくざ日本財団)が、安倍首相らを動かし、フィリピンなど東南アジアの少数民族支援やテロ事件などにも加担していたことがわかってきた。それは元々、CIAのスパイとして岸信介らA級戦犯が解放されてからの戦後の話だと思っていた。
e0069900_20440963.jpg
 ところが実は太平洋戦争自体が昭和天皇が自分の野望を実現させるために仕組み、戦争ゲームに負けそうになると、陸軍に責任転嫁して、近衛文麿など真実を知る人達を暗殺した事がわかってきた。

一部引用 ーーー
◎近衛文麿は服毒自殺ではなく薬殺された。
◎指令を出したの吉田茂と昭和天皇である。
◎近衛文麿は出頭してすべてを話す決意を固めていた。
◎近衛家は篤麿、文麿、文隆の三代に渡って暗殺されている。
◎近衛文麿を破滅させるシナリオは、15年戦争ぐるみの壮大な
 ものである。
◎近衛文麿が首相になった直後に、盧溝橋事件を起こす計画だった。
◎近衛文麿が首班の時に、日中全面戦争の拡大化を図るシナリオだった。
◎近衛文麿が首班の時に、三国同盟締結、大政翼賛会結成、
 汪兆銘傀儡政権、武力発動の帝国要綱が作成決定されるシナリオだった。
◎近衛文麿に関する史料はほとんど全て改竄されている。
◎『近衛上奏文』も『近衛・マッカーサー対談』の外務省史料も、
 『近衛文麿の手記』も『失われた政治』も捏造である。
 近衛文麿が創設した近衛家の史料を収めた陽明文庫も盗掘されて
 いるだろう。
◎近衛文麿による画期的な新憲法起草案は、御用学者によって
 わざと曲解されている。
◎藤原菊と山本ヌイの手記は捏造である。
◎近衛文隆は吉田茂の指令によってソ連に抑留され、
 日ソ国交回復と同時に薬殺された。
◎鳩山一郎は、吉田茂に動かされていた駒に過ぎない。
◎鳩山一郎による日ソ国交回復も、吉田茂のシナリオである。
◎近衛文麿暗殺の主役は松本重治と牛場友彦、共演者は風見章、岸道三、
 後藤隆之助、山本有三。友情出演G2チャールズ・ウイロビー、
 ソ連代表部テレビヤンコ。
◎野坂参三は吉田茂と共謀していない。(吉田茂が嫌い)
◎野坂参三は独自のルートで昭和天皇のために尽くした。
◎尾崎秀実が一番信頼していたのは野坂参三である。
◎野坂参三は田布施村王朝に恩義を感じ、昭和天皇のために尾崎秀実を
 使い捨てにした。
伊藤博文、吉田茂、昭和天皇は近代史上不世出の三悪人である。
◎防衛庁に職員として潜入していた秦のように、田布施村王朝の草が
 逆情報活動している。
山本五十六と近衛文麿の暗殺は連動している。二人は2・26事件直後に、吉田茂と昭和天皇のデス・ノートに記名されたと思われる。近衛抹殺指令には朝日新聞の緒方竹虎と嘉治隆、NHK、白洲次郎、松本重治、牛場友彦、岸道三、風間章、後藤隆之介、山本有三らは、全員がグルになって協力している。近衛を追い詰めた上で『自殺する』という風評を流し、近衛が周囲の制止を振り切り我意を通して『自殺した』、というシナリオを演じている。近衛の家族を除く全員が共犯者、謂わばアガサ・クリステイ―の『オリエント急行殺人事件』状態である。中でも主役を演じた松本重治は、晩年になってしつこいくらいに偽証している。
・・・・・・
山本五十六と近衛父子抹殺工作の総指揮を執った吉田茂は、伊藤博文の再来である。伊藤博文は、孝明天皇・睦仁父子を抹殺しクーデターを成就させた、田布施王朝の始祖である。貧困のどん底にあった田布施村ゲットーの人々は、解放されるやいなや保守反動に突っ走った。クーデターは山間の不毛な地に押し込められていた彼らを、広大で肥沃な関東平野にある将軍の居城へといざなった。大室虎之祐は千代田城のあまりの広さと豪華さに驚き、歓声を上げて走り回った。彼らは新しいゲットーに日本の粋を集め、これでもかと豪華絢爛な装飾を施した。それはお召列車の過剰装飾にまで及んだ。
ムシロ一枚で外気を防ぐようなどん底の生家に生まれ育った人々は、権力の座に座るとある者は個人財閥となり、ある者は広大な別邸を複数所有した。彼らは広大な大名屋敷をより取り見取りで物色した。それらは華族令によって伯爵邸や男爵邸と呼ばれるようになった。そして彼らは食い詰めた武士や元旗本の見目良い(きれいな)娘たちを、千代田城に連れてきて慰み者にした。
大室寅之祐の息子の大正天皇の妃がここかから誕生した貞明皇后この『千代田遊郭』に騙されて連れて来られ、ひどい目に遭わされて以来、田布施村ゲットーを不倶戴天の敵として憎悪した。彼女は西園寺八郎に無体なことをされたときに悟った。こいつらにとって自分は道具なのだ。もうこいつらをやるか、自分がやられるかそのどちらかしかない。そして彼女は第二の戊辰戦争を画策する。結果、敗れた貞明皇后は、戦後間もなく亡くなっている。昭和天皇のデス・ノートに、『謀反人の貞明皇后(朱貞明)は戦後に心臓麻痺で急逝する』と書かれていたのである。『東郷(朴)茂徳は秘密財産隠匿工作の後、獄中死』とも書かれていただろう。
ーーー引用終わり
 すなわち世界から日本の役割を俯瞰して見ると、天皇は明治維新以来、日本人を金融奴隷化して、その富を世界の金融マフィアらにも一部分配し、天皇家自体も日本銀行や日本赤十字、日本郵船を通じて海外の銀行に不正蓄財し、私腹を肥やしてきたのだった。

 それでは、オウムや福島原発のイスラエルによる爆破の要因を作ったのは誰だったのか?
 島津論文によると、安倍晋三首相の犯罪が書かれていたが、安倍首相や自民党右派や創価学会を操っていたのは笹川平和財団(CIAやくざ日本財団)であることがわかっている。

と、いう事は、戦前の体制はほとんどそのまま形を変えて残されている事より、実行犯はそのまま笹川平和財団(日本財団)が行い、その指令は天皇またはその周辺から発せられていることがわかってきたのだ。




[PR]
# by rakusen21 | 2015-03-18 20:53 | この世の闇に巣食う者たち | Comments(0)

日本財団(統一教会)に操られる国会議員や文化人

 下記の大元のソースが文字化けしてたので
ミラーサイトがわりに転載し、
その他、関連する情報をメモとしても追加しました。
 なお、この下記のサイトでも


かなり具体的に書いてありましたね。

 ただ、気をつけるべきは、戦後の支配体制の構造は戦前と結局、変わっていない、と言う事です。単に敗戦でアメリカが日本支配のトップに出てきた、って事だけです。

よって、戦後の下記の構図を忘れないように!
e0069900_20440963.jpg
 さらに天皇閨閥の組織(日銀など)はアメリカやヨーロッパをお金で動かす金融マフィアらとも繋がっていることに注意しないといけません。

 なお結果的に、このページは
CIAやくざ日本財団」とCIAが操る統一教会、そこの言いなりになる政治家や文化人の一覧みたいな形になってしまった
 (^^;

 へー、週刊誌なども以前は色々、貴重な情報を暴露していたんだ!


■現職国会議員128人の
「勝共連合・統一教会」関係度リスト

(『週刊現代』99.2.27号から)
秘書=勝共連合から送り込まれた統一教会員秘書の人数
①=「勝共推進議員」(1990年4月1日現在)
②=「1988年勝共推進議員教育報告書」(1988年12月19日現在)
③=「1988年総支部活動報告所」(1988年12月15日現在)
④=「支部結成」、貢献ランク(A~Dで、Aの方が高い)
⑤=「安保セミナー参加者」
⑥=「勝共推進議員の集い(3月6日)出席者結果」
⑦=「世界平和連合」設立発起人
⑧=「旧ソ連共産党からの財政支援疑惑に関する請願紹介議員」
勝共推進議員名簿(衆議院編)
議員名
備考編集部からの取材に対する回答
町村信孝
(自民・前文相)
         (11の質問について、すべて否定)なぜ、こ
のような質問をされるのか理解に苦しむ
佐藤孝行
(自民・元総務庁長官)
    今回の質問には回答できません(電話にて回
答)
中川昭一
(自民・農水相)
   ノーコメント(電話にて回答)
鈴木宗男
(自民・元国土・沖縄庁長官)
         国際勝共連合から選挙応援を受けたことはあ
るが、セミナー等は出席せず(電話にて回答)
武部 勤
(自民・党副幹事長)
    国会議員になる以前に韓国に行き、教義につ
いて聞いたことはあるが、それだけ(電話)
佐藤静雄
(自民・元建設政務次官)
     故渡辺美智雄先生の勧めで、集会には出たが、
セミナーは出ず。秘書は脱会者の雇用経験有
鳩山由紀夫
(民主・党幹事長代理)
        実態がわからず集会等に出たことはあるかも。「世
界平和連合」設立発起人の件も同様。(電話)
島津雄二
(自民・元厚相)
       つきあいも接点もありません。なぜ、名簿に
名前が出ているのか、わからない(電話)
鈴木俊一
(自民・元厚生政務次官)
          選挙時の集会に国際勝共連合の人が出入りしていたこと
があるが、それだけ。非常に迷惑(本人が電話回答)
菅原喜重郎
(自由)
      5~6年前、自民・民社の先生方と一緒に集
会には出席。教義セミナーは案内だけと記憶
玉澤徳一郎
(自民・元防衛庁長官)
       選挙で応援した他の議員が国際勝共連合と関
係があるので、間違われたのでは(電話にて)
伊藤宗一郎
(無・衆議院議長)
     代議士本人と連絡が取れないので、回答でき
ません(電話にて回答)
三塚 博
(自民・元蔵相)
   (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
愛知和男
(自民・元防衛庁長官)
     事務所サイドで知りうる限り、国際勝共連合
とは関係ありません(電話にて回答)
佐藤敬夫
(民主・元運輸政務次官)
   過去はともかく、いまはまったく関係あり
ません(電話にて回答)
御法川英文
(自民・元国土政務次官)
          勝共推進議員ではない。名刺広告は出したかもし
れないが、実態を知らなかったため(電話)
鹿野道彦
(民主・元農水相)
     自民党時代は選挙応援等で関係あり。セミナーに
出たかもしれないが、いまは無関係(電話)
渡部恒三
(無・衆議院副議長)
         衆議院副議長の立場上、回答しません(電話
にて回答)
坂本剛二
(無所属)
      議員になる以前から派閥(三塚派)の関係でつき
あいがあったのは事実だが、表面上のもの(電話)
中山利生
(自民・元防衛庁長官)
   霊感商法のことなど何も知らず、「反共」に賛同。
セミナー等に参加したが、誓約書は書かず(電話)
額賀福志郎
(自民・前防衛庁長官)
     あまり深くは関係ない(電話にて回答)
丹波雄哉
(自民・党政調会長代理)
          名前が出ること自体、迷惑。個別の質問への
回答は控えたい(電話にて回答)
船田 元
(自民・元経企庁長官)
       コメントは遠慮させていただきたい(電話に
て回答)
神田 厚
(民主・元防衛庁長官)
      訪韓のついでに教義セミナーは受けたが、誓約書
は出さず。集会は党の政策説明のため出席
尾身幸次
(自民・前経企庁長官)
     一度、教義について話を聞いたことはあるが、共
感できず、その後は無関係。誓約書も書かず
中曽根康弘
(自民・元首相)
      統一グルー
プに貢献
(再三の取材要請にもかかわらず無回答)
議員名
備考編集部からの取材に対する回答
小渕恵三
(自民・首相)
        (統一教会系新聞といわれる)『世界日報』は購
読しているが、そのせいかも(電話にて回答)
小坂憲次
(自民)
        勝共連合から会合の誘いは受けるが、つきあって
いない。セミナー出席の記憶もない(電話回答)
羽田 孜
(民主・元首相)
    セミナー等は(秘書が)代理出席したのでは
ないか(電話にて回答)
村井 仁
(自民・元大蔵政務次官)
    勝共への
推薦状
いまはつきあいありません。そういうことでご
了承いただきたい(電話にて回答)
高島 修
(自民・元経企庁長官)
      某議員の紹介で勝共連合から選挙応援を受け
た関係で教義セミナーは受講。集会は出ず
桜井 新
(自民・元環境庁長官)
       勝共連合の女性スタッフの話を聞いてやった
ことはある。集会には出席したかどうか・・・
中尾栄一
(自民・元建設相)
       15~16年前に勝共連合の会合に一度、出たこ
とはあるが、文鮮明氏とは面識なし
与謝野馨
(自民・通産相)
 統一グルー
プに貢献
閣僚を拝命している関係で、すべて(アンケ
ート等は)お断りしている(電話にて回答)
越智通雄
(自民・元経企庁長官)
 勝共支部
・顧問
いっさいノーコメント(電話にて回答)
粕谷 茂
(自民・元沖縄・北開庁長官)
      (11の質問について、すべて否定)
高橋一郎
(自民・元経企政務次官)
勝共支部
・顧問
十数年前、地元の支部集会に秘書が数回出席。
勝手に支部顧問の肩書をつけたようだ
小林興起
(自民・元労働政務次官)
      (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
柿澤弘治
(自民・元外相)
    (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
小澤 潔
(自民・元国土庁長官)
    現在、過去ともいっさい関係ない。誘いはあ
るが、すべて断っている(電話にて回答)
鳩山邦夫
(民主・副代表)
      (11の質問について、すべて否定)
島村宜伸
(自民・前農水相)
    新人時代、声がかかり他の議員と渡韓したが、
セミナーはなかった。集会には参加経験あり
伊藤公介
(自民・元国土庁長官)
     多忙のため回答できません。少なくともここ数
年はいっさい関係ありません(電話にて回答)
石川要三
(自民・元防衛庁長官)
          関係した記憶はまったくなく、セミナー、集
会などにも参加経験はない(電話にて回答)
鈴木恒夫
(自民・元環境政務次官)
         いっさいノーコメント(電話にて回答)
小泉純一郎
(自民・前厚相)
       いっさい関係ありません。東京、地元とも教
会派遣の秘書はいません(電話にて回答)
原田義昭
(自民・前厚相政務次官)
       思い当たる事実がまったくないので、回答す
る気になりません
藤井裕久
(自由・元蔵相)
         (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
田中慶秋
(民主・党国対副委長)
      (11の質問について、すべて否定)友人にセ
ミナー会場に連れていかれたが参加せず
亀井善之
(自民・元運輸相)
   (11の質問について、すべて否定)
江口一雄
(自民・元運輸政務次官)
    今回は見合わさせていただきます(電話にて
回答)
石橋一弥
(自民・元文相)
       いっさいノーコメント(電話にて回答)
議員名
備考編集部からの取材に対する回答
松永 光
(自民・元文相)
  統一グルー
プに貢献
20年以上前、反共団体との認識で『推進議員
の集い』に参加経験が1~2回ある
加藤卓二
(自民・元労働政務次官)
       元になっている捜査資料を見ていないので、
回答しようがない
杉山憲夫
(自民・元建設政務次官)
         アンケート取材には、いっさいお答えしませ
安倍基雄
(自由・元文部政務次官)
      過去に付き合いがあったのは事実だが、現在
はいっさいない(電話にて回答)
綿貫民輔
(自民・元建設相)
    十数年前の総選挙で、手伝いたいとの申し出
があり、何度か手伝ってもらったことがある
萩山教嚴
(自民・党副幹事長)
          アンケート取材には、いっさいお答えしませ
長勢甚遠
(自民・党副幹事長)
         多忙のため、回答できません
森 喜朗
(自民・党幹事長)
       アンケート取材には、いっさいお答えしませ
古屋圭司
(自民・元法務政務次官)
        故安倍晋太郎氏の紹介で、セミナー、集会に
参加。初選挙時、雑用係5人を受け入れた
武藤嘉文
(自民・元総務庁長官)
          (11の質問について、すべて否定)約10年前、選
挙応援の申し出があり、2~3人を受け入れた
藤井孝男
(自民・前運輸相)
        先代(参院議員の故・丙午氏)までさかのぼ
って確認したが、いっさい関係ありません
村田敬次郎
(自民・元自治相)
    多忙のため、回答できません
青山 丘
(自由・元自治相)
       統一教会
会員
議員は統一教会会員ではありません(その他
の質問には無回答)
稲垣実男
(自民・元沖縄・北開庁長官)
       いっさい関係ありません(電話にて回答)
伊吹文明
(自民・前労相)
         (11の質問について、すべて否定)
柳本卓治
(自民・前労働政務次官)
          いっさい関係ありません(電話にて回答)
中山正暉
(自民・元郵政相)
         アンケート取材には、いっさいお答えしませ
前田 正
(改ク)
        (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
中山太郎
(自民・元外相)
          (11の質問について、すべて否定)
左藤 恵
(無・元法相)
   (11の質問について、すべて否定)統一教会の
発展を応援する活動はしていない
牧野隆守
(自民・元外務政務次官)
       現在、関係はありません(電話にて回答)
石井 一
(民主・元自治相)
     統一グルー
プに貢献
日朝議連会長をしていたこともあり、韓国系
の統一教会とは関係がない(電話回答)
原 健三郎
(自民・元衆議院議長)
          日本人妻
連盟会長
(11の質問について、すべて否定)文鮮明の
悪口を言って選挙妨害された
井上喜一
(自由・元総務政務次官)
         (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
中西啓介
(自由・元防衛庁長官)
   統一教会とは無関係でありますし、名前が挙がっ
ていることに当惑しております
奥野誠亮
(自民・元法相)
     教義セミナーには勧誘をうけたが出席しなか
った。「議員の集い」には出席したことがある
議員名
備考編集部からの取材に対する回答
相沢英之
(自民・元経企庁長官)
    (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
細田博之
(自民・元経企庁政務次官)
       アンケート取材にはいっさいお答えしていま
せん(電話回答)
竹下 登
(自民・元首相)
         統一教会とはまったく関係がない(電話回答)
平沼赳夫
(自民・元運輸相)
  (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
橋本龍太郎
(自民・前首相)
       (11の質問についてすべて否定)
加藤六月
(自由・元農相)
        統一教会、勝共連合とは一切関わりをもっていな
い。名刺広告を出したこともない(電話回答)
栗屋敏信
(無所属)
   アンケート取材にはいっさいお答えしていま
せん(電話回答)
谷川和穂
(自民・元法相)
     防衛庁長官時代、選挙応援にきてくれたので
秘書の肩書を与えた(11の質問は否定)
池田行彦
(自民・元外相)
          (11の質問についてすべて否定)統一教会と
も勝共連合とも一切関係がない(電話回答)
亀井静香
(自民・元建設相)
    アンケート取材には、いっさいお答えしてお
りません(電話回答)
中川秀直
(自民・元科技庁長官)
        (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
河村建夫
(自民・元法務政務次官)
          「勝共推進議員」とはまったく関係ありま
せん
高村正彦
(自民・外相)
       弁護士としての関係がかつてあったが、今は
何の関係もない(FAXによる本人回答)
木村義雄
(自民・元厚生政務次官)
   夫人がアジア
婦人連合会員
回答できない。理由も答えられない(電話に
て回答)
大野功統
(自民・元郵政政務次官)
          統一教会とはいっさい関係がありません。(電
話にて回答)
関谷勝嗣
(自民・建設相・国土庁長官)
      原理セミナーの誘いを受けおかしいと思い、
断った。「議員の集い」には出席した
越智伊平
(自民・元農水相)
         勝共推進議員とは、以前にも現在も一切関係
がない
山崎 拓
(自民・元建設相)
         統一教会との関係は一切ない。「勝共推進議員」
も知らない(11の質問についてすべて否定)
麻生太郎
(自民・元経企庁長官)
     (統一教会との関係についてはすべて否定)
古賀一成
(民主・元経企庁政務次官)
      (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
古賀正浩
(自民・元通産政務次官)
         (11の質問についてすべて否定)統一教会に
ついては何も知らない
古賀 誠
(自民・元運輸相)
          統一教会とは全く関係がない。名前が出るこ
とが心外である(電話回答)
目見庄三郎
(自民・前郵政相)
  (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
坂井隆憲
(自民・元労働政務次官)
         「勝共推進議員」の会合に出席した記憶はな
い(11の質問についてすべて否定)
久間章生
(自民・前防衛庁長官)
          (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
虎島和夫
(自民・党政調副会長)
     宗教問題に関しては、回答を控えさせていた
だきます
議員名
備考編集部からの取材に対する回答
松岡利勝
(自民・元農水政務次官)
   統一グルー
プに貢献
この件に関して、こちらから回答することは
一切ありません(電話にて回答)
園田博之
(無・元官房副長官)
     先輩議員の紹介で子どもの権利条約の陳情に来
たのが最後で、以降いっさい関係がありません
東家嘉幸
(自民・元国土庁長官)
         アンケート取材には、いっさいお答えしませ
畑英次郎
(民主・党副代表)
      (11の質問について、すべて否定)
衛藤征士郎
(自民・元防衛庁長官)
   セミナー受講、集会参加経験あり。アルバイ
トとして雇ったが、意に沿わず解雇した
中山成彬
(自民・元文部政務次官)
    以前、反共の意味で世界平和連合に関係した
が、今は一切関係ない(電話にて回答)
江藤隆美
(自民・元運輸相)
        いっさい関係ありません(電話にて回答)
堀之内久男
(自民・元郵政相)
       (11の質問について、すべて否定)
保岡興治
(自民・元大蔵政務次官)
        (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
仲村正治
(自民・元沖縄開発政務次官)
          統一教会であれ、特定の団体に関するアンケ
ートには、お答えしません(電話にて回答)

勝共推進議員名簿(参議院編)
議員名
備考編集部からの取材に対する回答
椎名素夫
(無所属)
          「勝共推進議員」とは、まったく関係があり
ません
岩崎純三
(自民・元総務庁長官)
          統一教会とはいっさい関係がありません(電
話回答)
中曽根弘文
(自民・元通産政務次官)
        (11の質問についてすべて否定)「勝共推進議
員」とはどういうものか知らない
倉田寛之
(自民・元通自治相)
          (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
北澤俊美
(民主・元農水政務次官)
          (11の質問についてすべて否定)
石渡清元
(自民・元労働政務次官)
        (再三の取材要請にもかかわらず無回答)
青木幹雄
(自民・参党幹事長)
       当時の事情を知る秘書が辞めたためお答えで
きません(電話回答)
吉村剛太郎
(自民・元郵政政務次官)
         統一教会との関係はまったく身に覚えがあり
ません(電話回答)
吉田之久
(民主)
         「教義セミナー」「議員の集い」には出席した
記憶がある(それ以外は否定)
田名部匡省
(無・元農水相)
      自民党時代に同僚議員は集会に出るなど国際勝共
連合と関係が深かったが、私は関係ない(電話)
梁瀬 進
(民主・元建設政務次官)
          (11の質問についてすべて否定)氏名を勝手
に使われ、大変遺憾
松田岩夫
(無・元文部政務次官)
 食口2人
が秘書
多忙のため、回答できません(電話にて回答)
鴻池祥肇
(自民・元沖開発政務次官)
       「勝共推進議員の集い」に安倍晋太郎氏の紹
介で加入していたが活動はしていない(電話)
月原茂皓
(自由・元郵政政務次官)
    夫人がアジア
婦人連合会員
アンケートにはいっさいお答えしないことに
しています
※警視庁公安部の『勝共推進議員名簿(衆・参)』(93年9月作成)にあった衆参両院議員249人と勝共連合からの派遣秘書43人の名簿をもとに、現職議員128人をリストアップしたもの(所属政党は現在のもの)。
※週刊現代から11項目の質問書を送った回答が右端の「編集部からの取材に対する回答」(但し書きのないものはFAXでの回答。電話による回答は、「本人」とある以外は秘書による)。
※「勝共には『まず秘書として食い込め。食い込んだら議員の秘密を握れ。次に自らが議員になれ』という文鮮明の指示が出ている。このリストにはないが、実は橋本さんにも2人ついています。現在も私設秘書を務める地元・岡山のO氏と東京のY氏が統一教会員です」(元統一教会員・A氏(40歳))という証言もある。
※詳しくは図書館で『週刊現代』をご覧ください。



■『統一運動・統一教会に賛同する人々(日本)』

 統一教会系WEBページ(http://www.chojin.com/person/jp.htm)には誇らしげに各界の人名がリストされている。このリストには各々が表明した統一教会への賛辞も載せられている。載せるのに適切な賛辞を公表していない賛同者はリストされていないだろうから、他にもいるだろう。また、リストされていても、利用しあっている程度の人から、積極的に関与している人まで様々かもしれない。とはいえ、これほど広範に統一教会が日本に食いこんでいることに危機感をもたないとしたら日本人としての『愛国心』がないんじゃないかと思う。

統一教会系WEBページにリストされている人名(2007年3月時点):

岸信介(元首相)
福田赳夫(元首相)
中曽根康弘(元首相、財団法人世界平和研究所会長)
三塚博(元大蔵大臣、元外務大臣、元運輸大臣、元通産大臣)
松下正寿(元立教大総長、Ph.D、弁護士、元参議院議員、「文鮮明・人と思想」著者)
福田信之(元筑波大学長、理学博士、「文鮮明師と金日成主席」著者)
助野健太郎(聖心女子大名誉教授、元キリスト教史学会常任理事、皇后陛下の恩師)
金山政英(元駐韓国大使、元バチカン代理公使、元日韓文化交流協会会長)
鈴木一(元鈴木貫太郎総理秘書官、元出入国管理庁長官、元宮内庁侍従次長)
三原朝雄(元防衛庁長官、元文部大臣、元総理府総務長官)
加藤武徳(元自治大臣、弁護士、剣道範士・全剣連顧問)
相沢英之(元経済企画庁長官、元自民党税制調査会長、弁護士)
江藤隆美(元総務庁長官、元建設大臣、元運輸大臣)
弘津恭輔(元公安調査庁第一部長、元総理府総務副長官、元警察大学校長)
岡嵜格(元東京地検特捜部長、元法務大臣秘書課長、元大阪高検検事長、弁護士)
景山哲夫(元近畿大学長、経済学博士)
郷司浩平(日本生産性本部名誉会長、元経済同友会代表幹事)
西堀栄三郎(元日本山岳会会長、第一次南極越冬隊隊長、理学博士)
小牧久時(フランス国際大名誉教授、農学博士、平和運動家)
清水馨八郎(千葉大名誉教授、理学博士、「世紀のプロジェクト」著者)
安藤豊禄(元小野田セメント社長)
飯田正一(北大名誉教授・医学博士、薬理学専攻)
池田和義(大阪大名誉教授・理学博士、「神と万有と詩の世界」著者)
石橋一弥(元文部大臣・元自民党憲法調査会長)
伊藤行(鹿児島大名誉教授)
井上茂信(外交評論家・元産経新聞ワシントン支局長、「ゴルバチョフと文鮮明師」著者)
井上順理(鳥取大名誉教授、兵庫教育大名誉教授、文学博士、倫理学専攻)
今井勇之進(東北大名誉教授、元金属博物館長、工学博士)
今村和男(元防衛大教授、システム分析学専攻、国際科学振興財団専務理事)
入江通雅(青山学院大名誉教授、国際政治学専攻、元NHKニュース解説担当)
上前行孝(元宮地鐵工所社長、工学博士)
内田一臣(元海上自衛隊幕僚長、元海将、自衛隊援護協会理事長)
植田利喜造(元筑波大教授、理学博士、生物学専攻)
宇野精一(東大名誉教授、文学博士、スパイ防止法制定促進国民会議議長)
榎一雄(東大名誉教授、文学博士、東洋史専攻、元東洋文庫理事長)
扇谷正造(評論家、元「週刊朝日」編集長)
大鹿譲(大阪工大教授、量子力学専攻)
岡田克己(宮城誠真短大名誉教授)
岡田實(元大阪大学長、工学博士、金属工学専攻)
小方二十世(元日本基督教団・鎌倉教会長老)
加藤栄一(筑波大名誉教授、元自治省参事官)
加藤弘(東大名誉教授、工学博士、船舶工学専攻)
亀岡高夫(元農林水産大臣、元建設大臣)
亀川正東(琉球大名誉教授、文学博士、日本ペンクラブ名誉会員)
河部利夫(東京外大名誉教授、東京国際大名誉教授、文学博士)
気賀健三(慶大名誉教授、経済学博士)
北川石松(元環境庁長官、元衆議院外務委員長)
木屋隆安(元時事通信社・社会部長、中外ニュース主筆)
九嶋勝司(元秋田大学長・名誉教授、東北大名誉教授、医学博士)
工藤重忠(元桐蔭女子短大学長、憲法学会常任理事、法学博士)
黒坂富治(富山大名誉教授、音楽家・作曲家)
伍堂輝雄(JAL=日本航空元会長)
小森義峯(元憲法学会理事長、元国士舘大教授、法学博士、伊勢神宮評議員)
小山福松(元中京大学長、商学専攻)
近藤正栄(神奈川大教授、神学・英文学専攻、「神主義への道」著者)
桜井一(上武大元教授、単立シャローム第一公会牧師)
桜田淳子(女優)
佐々保雄(北大名誉教授、理学博士、地質学専攻、「日韓トンネルプロジェクト」監修)
佐藤正二郎(元広島大教授、音楽家・作曲家、元広島交響楽団常任指揮者)
慈雲(宗教法人妙法山貫首、霊能者、画家、スリランカ国立コロンボ大名誉教授)
東海林孝正(九州共立大教授、経営学専攻)
白井浩司(慶大名誉教授、フランス文学専攻)
菅原喜重郎(元衆議院議員、世界平和超宗教超国家連合共同議長)
杉田一次(元陸上自衛隊幕僚長、日本郷友連盟名誉会長、元東久邇宮内閣秘書官)
杉本儀一(元杉本興業会長)
鈴木瞭五郎(元航空総隊司令官、元空将、元川崎重工顧問)
副島宏(元九州学院大教授、航空工学専攻、F1開発者)
田井友季子(作家・日本ペンクラブ会員、「神の代辯者」著者)
高田源清(九大名誉教授、元西日本短大学長、法学博士、法律学専攻)
高田秀二(元共同通信編集主幹、元日本記者クラブ理事長・名誉会員)
高橋磐郎(筑波大名誉教授、数学専攻)
高橋賞(関東学院大名誉教授・元学長、工学博士、機械工学専攻)
高橋正和(国士館大教授、哲学専攻)
竹田五郎(元統合幕僚会議議長、元川崎重工顧問、軍事評論家)
谷藤正三(元北海道開発庁事務次官、元建設省都市局長、日大教授、工学博士)
田丸徳善(東大名誉教授、元日本宗教学会会長)
近松良之(元筑波大教授、養護施設ひかりの子学園園長)
築山治三郎(京都府立大名誉教授)
徳田敦子(バドミントン元世界チャンピョン、「やっぱりこの人が一番」著者)
中島衛(元科学技術庁長官)
中西武雄(東北大名誉教授、農学博士、農芸化学専攻)
中村信一(日本基督和協教会牧師、画家)
那須聖(外交評論家、元毎日新聞ニューヨーク支局長、「牢獄の救世主」著者)
生田目修(元航空自衛隊幕僚長、元伊藤忠エレクトロニクス顧問、ISC顧問)
西俣昭雄(亜細亜大教授)
西山廣宣(曹洞宗大満寺住職)
二宮信親(元月曜評論社社長、元読売新聞社出版局長、元ラジオ日本・常務取締役)
野間繁(明治大名誉教授)
長谷川太郎(福岡工大元学長、山形大名誉教授、工学博士、電波工学専攻)
服部比佐治(元駐ヴァチカン大使、元駐イスラエル大使、元防衛庁参事官)
濱田敏郎(慶大名誉教授、元日本図書館協会理事長)
林健太郎(元東大学長、元参議院議員、元国際留学生協会会長)
林田隆(元昭和炭酸会長)
一松信(京大名誉教授、理学博士、数学専攻)
福尾券一(名古屋工大名誉教授、理学博士、鉱物学専攻)
福見正子(伏見稲荷大社・因島土生教会長)
法眼晋作(元外務省顧問、元国際協力事業団総裁、元国策研究会長)
細川隆一郎(政治評論家、元毎日新聞編集局長)
堀江正夫(元参議院議員、日本郷友連盟会長、英霊にこたえる会会長)
松井七郎(同志社大名誉教授、元ロックフェラー財団特別研究員、労働法専攻)
松金久知(元陸上自衛隊東北方面総監、元日本製鋼所特別顧問)
峯 弘(メノナイト教会牧師、元釧路短大講師、新自然塾塾長)
箕輪登(元郵政大臣、元衆議院安全保障特別委員会委員長、医学博士)
三村勉(日本ハープ音楽振興会理事長)
三村寛子(スーパー・メディテーション指導家、こども環境教育研究所長)
宮内俊之(元伊藤忠商事理事、元アラビア石油副社長)
武藤宗英(身延山久遠寺・報恩閣住職)
武藤正行(国士舘大客員教授、元海軍兵学校教授、元東和大教授、日本思想史専攻)
両角宗晴(信州大名誉教授、工学博士、機械工学専攻)
山口彦之(東大名誉教授、農学博士、世界平和教授アカデミー代表理事)
山崎仁(横浜商科大教授、関東学院大元副学長、元大蔵事務官、流通経済学専攻)
吉江誠一(元陸上自衛隊幕僚長、元国家国務員共済組合連合会・常任理事)
吉田康彦(元国連本部主任広報官、元NHKジュネーヴ支局長、大阪経済法科大教授)
嘉村祐一(元青山学院大教授)
吉本千禎(北大名誉教授、医学博士、医学工学専攻)
リーガル天才(漫才師、漫才協会・第4代会長)
渡辺久義(京大名誉教授、創造デザイン学会代表、英文学・哲学専攻)

■統一教会は米国の政治勢力と深い関係
別冊宝島Real, 070『謀略の昭和裏面史』黒井文太郎[編著](2006年)より:

統一教会は韓国人牧師・文鮮明が昭和29年に創始した新興宗教だが、 昭和36年、韓国で朴正煕がクーデターによって政権を奪取した直後から、 情報機関「韓国中央情報部」(KCIA)と協力関係を結び、その庇護を受けて 勢力を急速に拡大した。
戦後ソ連共産党のアジアでの工作活動に対抗すべく、アメリカでも反共団体やCIAが 中心となって、アジアでの反共ネットワークの構築を画策していた。昭和29年には CIAの肝煎りで「アジア人民反共連盟」(APACL)が結成されていたが、昭和40年に 日韓条約が締結されると、その院外団的勢力として、各国の民間右翼団体による ネットワークの結成が模索された。そこで中心的な役割を果たしたのが、韓国では 統一教会(文鮮名)、日本では笹川良一だった。

統一教会はKCIAと手を結んだ直後から、崔翅翼(日本名・西川勝)という幹部を 日本に送り込み、「原理運動」を開始した。このとき崔に協力したのが笹川だった が、そこにはおそらくKCIAと米CIA、あるいはアメリカの反共団体の協力要請が あったものと推測される。

笹川は昭和38年に統一教会の顧問となり、支援した。統一教会は笹川の影響力に よって政財官界、とくに自民党と警察組織に浸透したといわれる。

一方、「原理研究会」を組織して若者を勧誘した。昭和37年に立正佼成会の幹部の 久保木修己が統一教会に合流し、昭和39年に会長に就任する。

昭和41年に、統一教会がホストを務めて「世界反共連盟」(WACL)が韓国で結成 された。世界中から反共団体が参加したが、それらは事実上、CIAと米反共団体が 組織していたネットワークだった。
e0069900_20440963.jpg
下側の写真がジョン・シングローブ少将(CIA創設メンバー)

昭和40年代半ばから昭和60年頃まで、WACLの会長を務めたのが、極右軍人の ジョン・シングローブ米退役少将(CIA創設メンバーの一人で暗殺や秘密工作専門の特殊戦争統合司令官、後に在韓・国連軍司令官(※実質的なKCIAトップ?)になっている)である。

KCIAの公認で、統一教会が「国際勝共連合」を創設したのは、昭和43年1月だった。 日本での組織化の後ろ盾となったのが、またもや笹川良一と岸信介だった。日本 でも、久保木修己を会長とする国際勝共連合が活動を始める。笹川は名誉会長と なった。

昭和53年に米下院国際関係委員会のレポートで、統一教会=勝共連合とKCIAの 深い関係が暴露された。

日本でも日本共産党が統一教会系の政治家のリストを公表した。当時の福田赳夫 首相をはじめ、現職閣僚から16人、自民党議員155人、新自由クラブ議員4人、 民社党議員5人というリストだった。

関係が深いのは、韓国ロビーに近いか、反共右翼色の強い人脈ということになる。 政治家では岸信介、福田赳夫、椎名悦三郎、中曽根康弘、財界人あるいは右翼や 学者では、これらの政治家の周辺にいる面々ということになる。

(追記;2013/3/4) 文鮮明は2012年9月に死去した。自民党の安倍晋三は葬儀に弔意を見せている[71]。

[PR]
# by rakusen21 | 2015-03-15 13:38 | この世の闇に巣食う者たち | Comments(0)

戦後も変わらない天皇日銀欧米支配:戦争推進と潰された3.11経済戦争布告(政府紙幣発行)

 戦後、米国GHQにより天皇支配は崩壊したように思わせられていたけど、実態は憲法という羊の皮を被せられただけで、本質の狼に変わりはない。
 それは世界人権宣言に違反する憲法1条から8条の天皇規定を見てもすぐわかる。しっかり天皇制は温存されているのだ。ただ「天皇制温存は仕方なかった」と思わせられている。実際、この手法はアジア・アフリカなどの国家紛争の解決でも使われている手法と同じで、虐殺などを指揮した犯罪人をその国の大統領に据え統治させる方法だ。一見、あれっ?、と思われるだろうが、それも紛争解決の方法なのだと言う。

 まさに同じ手法が日本の戦後にも適用されたのだ。

 さらに天皇制礼賛(らいさん)の洗脳がマスコミにより行われているが、
最近、それをひっくり返すような驚愕の真実が次々とわかってきた。

 実は明治維新以来、歴代の天皇は英国から日本の「キリスト王族」トップとしてのガーター勲章を授与されており、英国の陸軍元帥の称号も授与されていたのだ。
e0069900_08580919.jpg
e0069900_08584167.jpg
e0069900_08585597.jpg
e0069900_09053899.jpeg
e0069900_08590553.jpg

現在は右側の真ん中頃に皇室の菊の紋章
 Wikipedia ガーター勲章
e0069900_08592459.jpg

 天皇も連合軍とグルだった!
天皇は単に戦争ゲームのプレイヤーで
資産を増やす事に御執心!
昭和天皇は英国の陸軍元帥だったと官報の記事
 日本国民を焼き殺したのは昭和天皇ですか?」

…1930年英国官報 Emperor of Japan, to be Field-Marshal1942年タイムズ英国陸運省「除名の必要なし」

e0069900_10300309.png
e0069900_10312186.png
 さらには、天皇日銀の私的独占に反対し2009年3月11日に麻生太郎氏が宣言した「政府紙幣発行」日銀に対する宣戦布告)も、直後に行われた選挙により自民党は野党に転落し、実現されることはなかったのだ。

無利子国債・政府紙幣の検討表明=麻生首相「いいことだ」
2009年3月11日


麻生「ボス!いったん、こいつに牙(憲法9条改正)を戻したら、
日米地位協定(SOFA)があるんだから、
自衛隊(JapanSDF)の本当のボスがわかっちゃいますよ!」
e0069900_09303622.jpg
e0069900_09501876.jpg
e0069900_09502689.jpg

どひゃー、諸悪の根源は天皇一族だった!~天皇は莫大な蓄財を行うために、財閥と組んで国民を売りとばし、戦争を仕掛けて国民を殺してきた「昭和天皇&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス


コレけっこう衝撃なのでぜひ→戦前に最強財閥だった天皇家!天皇家と政治家癒着が凄すぎワロタwww より「昭和天皇 庶民が知らないところで、戦争によって多くの資産を蓄える事に成功しました」「天皇財閥は4大財閥の10倍程度の規模」



 もう、いい加減、日本国民は目覚めた方がいいのではないか、と思う、今日、この頃である。


いまだに天皇制に反対する人達を取り締まる特高がいた!
「天皇差別をなくせ!天皇を解放しよう!天皇に敬語を使わない!」
世界人権宣言 第一条
「すべての人間は、生れながらにして自由であり、
かつ、尊厳と権利とについて平等である」



[PR]
# by rakusen21 | 2015-03-08 09:51 | この世の闇に巣食う者たち | Comments(0)

遂に発見!天皇の出自=「百済王氏の氏寺だった百済寺を訪れる」引用(ミラーページ含む)

鹿島昇氏の「日本史のタブーに挑んだ男」 や、さらに詳しくは「日本侵略興亡史」などの書籍からもわかるように、
e0069900_18190603.jpg
天皇の歴史は「百済・高句麗・新羅」の朝鮮史を組み合わせたもので、氏素性は百済の王家になった一族。神武天皇は元はエビスと呼ばれた殷人(シュメール人)の扶余族でタケミカズチとも呼ばれ、朝鮮百済を経由し、九州南倭を滅ぼし、博多に伊都国を建国した。神武天皇の妻が卑弥呼で、卑弥呼の実家はユダヤ系亡命者の公孫氏で神武天皇が亡くなった後は、宮崎県西都市にある日向・西都原に都を移し、倭の王国連合を統治した。
e0069900_18052657.jpg
 なお蛇足ながら、「藤原鎌足」は捏造された人物である。白村江の戦いで勝利した新羅の大将軍・金庚信(ゆしん)と、唐に全面降伏し服従した百済近衛の将軍・郭務悰(かくむそう)を合成した人物である。
畿内の秦王国に新しく「日本」を作り、その内政に参与した。中臣氏とは伽耶国の古い家来(遺臣)の者たちである。
e0069900_22524720.jpg
 私もこの西都原古墳も調べたが、コノハナサクヤヒメ(木花咲耶姫)やその父親のオオヤマズミの命(大山祇命)など古事記にゆかりのお墓や古墳が数多く点在していた。
 西都原古墳の鬼の窟古墳(鬼のいわや古墳)
(ただ、よい子はまねしないでネ!)

 なお九州国立歴史博物館で百済展をやっていたが、


肝心の「天皇の起源」などの事を隠しており、百済の里や西都原古墳などにふれていなかった。


そこで、その旨を批判するアンケートを投函しておいた。



 すると後日、九州国立歴史博物館の人から電話で連絡をいただき、「本来の百済展では最もハッキリ、百済の関係がわかる、大阪府牧方市にある百済寺の関連資料を展示すべきだった」と言っていた。

 そこで百済寺に関する資料として、下記のページを見つけたものの、ちょっと著者のHPの該当するページが読みにくくて困ったので、下記にミラーページとして残しておきます。このページでポイントは最後の部分で、
百済王一族が星辰信仰を持っていたことに着目され、四神や星宿が描かれた壁画古墳は「宇宙王」の墓であり、倭国に渡来した百済王家の一族の墓こそふさわしいとされる。そして、百済王禅広を高松塚古墳、息子の昌成をキトラ古墳の被葬者と推定しておられる。

作者のページのソースはここ
普通に見えるようになったら、このページも削除します。

より


橿原日記 平成18年1月15日

百済王くだらのこにきし氏の氏寺だった百済寺跡くだらじあとを訪れる


特別史跡・百済寺跡
特別史跡・百済寺跡に建つ碑 (2006/01/15 撮影)


メセナひらかた
メセナひらかた(枚方勤労者総合福祉センター)
阪電車の「枚方市」駅北口から徒歩5分、天野川が淀川に流れ込む手前にある「かささぎ橋」の際に枚方勤労者総合福祉センター、通称「メセナひらかた」がある。その6階にある大会議場で、本日の午後2時から「特別史跡百済寺跡整備事業着手記念講演会」が開催された。

日祝戸荘で行われた「あすか塾」に出席して、知人からこの講演会の催しがあることを知らされた。百済寺百済王(くだらのこにきし)氏という渡来系氏族が建立した氏寺である程度の知識しかなく、寺跡を探訪したこともない。講演会では、京都大学大学院文学研究科の上原真人教授が「百済王氏の寺」というタイトルで話されるとのことだった。

氏は、「特別史跡百済寺跡再整備検討委員会」の会長も兼ねておられる。ちょうど良い機会だったので、友人の誘いにのって、講演会に出かけ、ついでに昨年11月に再整備事業に着手したばかりの百済寺跡と、その西隣にある百済王神社(くだらおうじんじゃ)を見学してきた。以下は、そのレポートである。



特別史跡・百済寺跡くだらじあととその横に立つ百済王神社くだらおうじんじゃ

百済寺跡遺構配置と百済王神社
百済寺跡遺構配置と百済王神社
の特別史跡・百済寺跡(くだらじあと)は、枚方市中宮(なかみや)西之町1-60に所在する。京阪電車の「枚方市」駅前からJR津田駅方面行きの京阪バスを利用すれば、5分ほどで「中宮」バス停に着く。バス停からは徒歩3分ほどで、現在は史跡公園として整備された寺跡に立つことができる。

済寺跡は、天野川を見下ろす標高30mの台地の上に位置している。今でこそ、周囲に住宅やビルが建ち並び、見通しはそれほど効かないが、創建当時は眼下の天野川はもちろん、遙か彼方の淀川の先まで見通せた景勝地だったに違いない。その台地に、160メートル四方の広大な寺域を占める寺院が建立された。百済が滅亡した時の最期の国王・義慈王(ぎじおう)の直系で、日本に亡命して百済王氏という姓を賜った渡来系氏族の氏寺とされている。

立したのは、義慈王から数えて4代目の百済王敬福(くだらのこにきしきょうふく)と伝えられている。しかし、これほどの寺院が一朝一夕に建立されたとも思えない。一般には、奈良時代中頃から建てはじめ、七堂伽藍が完成したのは平安時代の初期と考えられている。

東塔跡講堂跡
東塔跡金堂跡
堂、講堂などを中心に東塔と西塔を配する伽藍様式は、一見したところ薬師寺伽藍配置に似ている。だが、薬師寺の場合は中門から延びる回廊は講堂に取り付いているが、百済寺では金堂に取り付いている点が異なる。そのため、新羅の感恩寺との類似が指摘されている。

済寺は、平安時代後期に焼失し、鎌倉時代に一度復興したが、再び焼失した。その後は、莫大な費用を要する再建は、政治的、経済的に不可能だったらしく廃寺となったが、礎石だけはそのまま残っていた。そこで、昭和7年(1932)の7月から11月にかけて礎石の位置を調査して、伽藍の平面的な位置の確認が行われた。非常に良好な状態で伽藍跡が残っていたため、昭和16年(1941)1月に国の史跡に指定された。さらに昭和27年(1952)3月には国の特別史跡に昇格した。

講堂跡食堂跡
講堂跡食堂跡
和40年(1965)になって、国の補助で史跡公園として整備する計画が持ち上がり、5月から7月にかけて再び発掘調査が行われた。その結果、食堂跡や東院跡、東門跡が発見され、また回廊が金堂に取り付いていることも確認された。境内を区画する築地塀も160mに達することも分かった。昭和43年(1948)には、全国初の史跡公園として整備され、跡地には基壇と礎石が復元された。

東回廊跡
東回廊跡
跡公園内は小さな玉砂利が敷き詰められている。樹齢数百年の松の木が方々で静かな木陰を作っている。近江八景を真似て市民が選んだ枚方八景の一つは当地である。「百済寺跡の松風」という名が付けられている。その名のとおり、ベンチに腰かけていると、松の間を抜けてくるさわやかな風が情緒を感じさせてくれる。

和40年(1965)から40年を経て、三度目の発掘調査が昨年11月に着手された。過去に二度調査された史跡が、また発掘調査されるのは珍しい。その理由に興味がわいた。講演された上原真人教授によると、日韓交流のシンボルとして百済寺跡を再整備することになったが、過去の発掘成果に不明な点がいくつか判明した、そのため今一度発掘調査を行なって確認することになったとのことだ。


百済王神社の正面
百済王神社の正面
百済王神社の拝殿
百済王神社の拝殿
済寺跡の西隣に、百済王神(くだらおうかみ)とスサノオノミコト(牛頭天王)を祭神として祭る百済王神社(くだらおうじんじゃ)が鎮座している。室町時代の古文書『百済王霊祠廟由緒』によれば、敬福の叔父にあたる百済王南典の没後、聖武天皇の勅によって百済王氏の祖先と南典の霊を祀るため、百済王神社と百済寺が創建されたと記されている。

平21年(749)、陸奥守だった百済王敬福は、任地の陸奥国(今の茨城県)から産出した黄金900両を大仏の鍍金のために献上し、聖武天皇をいたく喜ばせた。聖武天皇は、敬福の位階を渡来氏族としては最高の従三位に進ませ、河内守に任じた。これを機に、難波に居住していた百済王氏の一族が河内国交野郡中宮(なかみや)、すなわち現在の地に移住してきた。

そらく淀川に近いため水利がよく、台地なので水害の心配もなく、さらに当時の都・平城京へ交通の便も良かったため、一族は中宮を本拠としたのだろう。そして、一族の先祖を祀ったのが、百済王祀廟と百済寺だったのだろう。

済寺は鎌倉時代に焼失し廃寺となった。しかし、百済王神社は百済王氏の没落にもかかわらず中宮一円の氏神として地域住民の崇敬を集めて、現在まで存続してきた。現在の本殿は、江戸時代の文政10年(1828)、奈良春日神社の作り替えのとき、旧社の一棟を譲り受けて移設してきたものである。石の鳥居や、石灯籠、狛犬なども江戸時代中期以降のものだとされている。



百済王氏のルーツをたどる

済王敬福のルーツをたどると、西暦660年に新羅・唐連合軍によって滅亡させられた百済の第31代・義慈王(ぎじおう)に行き着く。唐は義慈王とその妻子を捕虜にして長安に送った。しかし、その年の10月、百済王族の佐平・鬼室福信(きしつふくしん)が、唐の捕虜百余人を倭国に献上して援軍を請い、あわせて百済の王子・豊璋(ほうしょう)の帰還を要請してきた。百済復興の支援を決意した倭国は、翌661年9月、豊璋に織冠を授け、5千の兵をつけて百済に帰還させた。

百済王敬福の略歴
  • 天平10年(738)、正六位上・敬福は陸奥介(むつのすけ)に任ぜられる。この年、初めて敬福の名が『続日本紀』に登場(41歳)
  • 天平11年(739)、従五位下の位を授けられる(42歳)
  • 天平15年(743)、陸奥守(むつのかみ)に栄進する(46歳)
  • 天平勝宝元年(749)2月、敬福が黄金900両を献じる。聖武天皇、はなはだ喜び従三位を授け、宮内卿に任じ、河内守を加える(52歳)
  • 天平勝宝4年(752)4月9日、大仏開眼の法要が営まれ、5月28日、敬福を常陸守に任ぜられる(55歳)
  • 天平宝字3年(759)、敬福、伊予守に転任(62歳)
  • 天平宝字5年(761)、新羅征伐の議が起こると敬福は南海道節度使に任命される(64歳)
  • 天平宝字7年(763)敬福、讃岐守に転任(66歳)
  • 天平宝字8年(764)9月、藤原仲麻呂の乱が起きると、敬福は藤原仲麻呂の支持で即位していた淳仁天皇を外衛大将として幽閉(67歳)
  • 天平神護元年(765)、敬福、刑部卿に任じられる。称徳天皇の紀伊国行幸時には騎馬将軍として警護に当たる。その帰途天皇が河内国の弓削寺に行幸した際、敬福らは本国の舞(百済舞)を奏した(68歳)。
  • 天平神護2年(766)6月28日、刑部卿従三位・百済王敬福が逝去(享年69歳)

興軍は周留城(漢山)を拠点としていたが、豊璋と福信の間に確執が生じ、663年6月には豊璋が福信を殺害してしまう。この機に復興軍を壊滅させようと、唐と新羅の連合軍は水陸から周留城に迫った。周留城の救援に向かった倭の水軍は、劉仁軌(りゅうじんき)の率いる唐の水軍と錦江の河口(白村江)で遭遇し、戦いを挑んだがその堅陣を破ることはできなかった。両軍は翌日再び戦火を交えた。8月27日と28日の二日間唐の軍船と戦ったが大敗してしまった。世にいう「白村江の大敗」である。

60年の百済滅亡前後に倭国に来朝してきた百済王子がいる。義慈王の子・禅広(ぜんこう、禅光、善光とも書く)である。一説には、禅広は豊璋の弟とされている。あるいは兄の帰国を促すための来朝だったかもしれない。しかし、白村江の大敗で百済復興の夢は消えた。禅広はやむなく帰国をあきらめ亡命を願い出た。朝廷は、難波に居住地を与えて、一族を上級官吏として重用した。持統天皇の時、禅広に百済王(くだらのこにきし)の姓を与え、死後は正広参の位を贈ったという。

広の子・昌成(しょうせい)は幼年の時父に従って来朝したが、父より先に死亡した。天武天皇は小紫の位を贈っている。奈良時代になって、昌成の子・郎虞(ろうぐ、? - 737)が従四位・摂津亮に任じられた。敬福(697 - 766)は郎虞の第三子である。その敬福が史書に登場するのは、天平10年(738)、41歳で陸奥介(むつのすけ)に任ぜられてからだ。当時の位は正六位上だった。その後の彼の経歴を『続日本紀』から拾えば、上の表の通りである。

福は天平15年(743)に陸奥守(むつのかみ)に任ぜられる以前から、聖武天皇の信任を得ていたようだ。それは、多分に彼の性格によるものだろう。酒好き女好きだったが、物事に執着せず、常に清貧に甘んじ、家に余財などなかったが、政務をこなすことにかけては人一倍だったという。東大寺大仏に鍍金用の金が不足していたとき、陸奥の国から産出した黄金900両を献じたことは、聖武天皇をいたく喜ばせ、渡来系貴族としては最高の従三位の位を贈呈している。従三位は、律令制度の官位では親王の第三の位である三品(さんぽん)に相当する。

宮(なかみや)を本拠とする百済王氏は、奈良時代末期から平安時代にかけて繁栄を続けた。特に、百済の武寧王(ぶねいおう)の子孫である高野新笠(たかののにいがさ)を母とする桓武天皇は、敬福の娘や孫にあたる百済王氏の女性を四人も妃にしている。またしばしば交野に行幸し、山野で狩りを楽んだという。天皇家と百済王家との深い結びつきが分かろうというものである。百済王氏一族は嵯峨天皇、仁明天皇とも婚姻関係を結び、平安時代中期まで中級貴族として存続した。



発掘調査が始まった百済寺跡公園

昭和40年の発掘遺構配置図
昭和40年の発掘遺構配置図
原真人教授によれば、文化財保護法による国の指定史跡は、1997年3月現在、全国で1150件あり、その中でも特に重要な国の特別史跡は61件に達するという。大阪府には64件の国指定史跡があるが、国の特別指定史跡はたったの2件しかない。一つは百済寺跡であり、今一つは大阪城である。

記のように、百済寺跡は昭和16年(1941)1月に国史跡に指定され、さらに昭和27年(1952)3月には国の特別史跡に昇格した。指定の理由は、奈良時代創建の寺院の遺構が大変良く残っており、また建立氏族が百済王氏であることが判明していることによる。

和40年(1965)に行われた発掘の成果は、枚方市が作成した『特別史跡 百済寺跡公園』にまとめられている。この特別史跡は、いわば日韓交流のシンボルである。整備後40年近くが経過した現在、史跡の老朽化が進み、再整備する必要が生じた。ところが、昭和40年の発掘調査の成果にいくつか疑問が生じた。たとえば、講堂の左右に延びる遺構が見つかっているが、発掘は途中で中断している、東院跡の建物跡や築地跡の調査が完了していない、などの問題点が指摘されている。そうした疑問点を解消するために、再調査を決断したという。

発掘調査中の西塔跡
発掘調査中の西塔跡
原教授は、さらに再調査によって創建時期も確定できるのでは、と期待しておられる。文献史学的には、百済王敬福の一代前の百済王南典(敬福の父または母の弟)が死亡したとき、敬福がこの寺を建立したとされている。そうであれば、創建は8世紀中頃となるが、それ以降の瓦も出土しているという。なにはともあれ、西塔跡の発掘がすでに昨年の11月から始まっている。

 追記:中宮の地名由来と装飾壁画古墳

済寺跡や百済王神社が所在する中宮(なかみや)という地名は、百済王一族の星辰信仰に関係があるという説がある。彼らは自分たちの住む場所が天空の真ん中、すなわち天の中宮にあると見なして、”中宮”と名付けたという。しかし、桓武天皇の生母の高野新笠が光仁天皇の”中宮(ちゅうぐう)だったことによるという説もある。

際日本文化研究センターの千田稔教授(歴史地理学)は、飛鳥の高松塚古墳およびキトラ古墳の被葬者について、ユニークな説を立てておられる。百済王一族が星辰信仰を持っていたことに着目され、四神や星宿が描かれた壁画古墳は「宇宙王」の墓であり、倭国に渡来した百済王家の一族の墓こそふさわしいとされる。そして、百済王禅広を高松塚古墳、息子の昌成をキトラ古墳の被葬者と推定しておられる。


[PR]
# by rakusen21 | 2015-03-05 10:36 | 歴史の真実 | Comments(0)

吉田所長「爆発したら、また死んじゃうんだぜ!」福島原発爆発による死者数(原発再稼働の前に!)

この吉田所長の一言で、やっぱり、福島原発事故の爆発で死者が相当いたんだな、と実感した。

この言葉ぐらい、何百ページにもおよぶ吉田調書より、この事故の実態を象徴する言葉はない。
ただ、不思議なぐらい、マスコミでは、この「また」を字幕のテロップや記事から省いてしまっている。
e0069900_08245157.jpg
 具体的な記事としては
「爆発したら死んじゃうんだぜ」 
注水巡り吉田所長
東電、テレビ会議映像を新たに公開
日経新聞 2013年3月7日3時30分
 東京電力は6日、福島第1原発事故後に社内テレビ会議で記録した計12時間47分の映像を同社ホームページで新たに公開した。水素爆発を起こした3号機の使用済み燃料プールへの注水を巡り、吉田昌郎所長(当時)がいら立つ場面などが収録されており、当時の混乱ぶりが改めて浮かんだ。
新たに公開されたのは2011年3月11日から1カ月間に本店などで収録した155場面で、報道関係者に公開した映像の一部に、社員の顔をぼかすなどの画像・音声処理を施した。
 3月16日午前10時すぎの映像では、3号機から湯気のような煙がたびたび上がり、付近での作業への影響を尋ねた武藤栄副社長(同)に、吉田所長は「私は……非常に難しいと思います」と言葉を詰まらせた。
 不眠不休の現場はいら立ちを強めた。吉田所長は同日午後2時ごろ、3号機使用済み燃料プールに注水するための手順書を作るよう本店に求め、「ただ水入れりゃいいと思ってたのかよ。爆発したら死んじゃうんだぜ」と声を荒らげた。
・・・・・・・

 実際、以下のような爆発で、死者が出なかった、と言うこと自体、奇妙だな、
とは以前から思っていた。
また東電、政府、マスコミが決して本当の事を話していない、って事も知っていた。


福島原発1、3号機爆発映像

福島原発1号機爆発写真
e0069900_06164777.jpg
福島原発3号機爆発写真
e0069900_06213089.jpg
福島原発1、3号機爆発写真
e0069900_06200842.jpg
マスコミの報道でも、最初の1号機の爆発では、けが人が数人いる、と言うだけ。
その後、政府、マスコミからけが人や死者の数の発表はない。
NHK 3月12日のニュース
福島第一原発で爆発音 けが人も
(3月12日17時34分)
福島県の東京電力の福島第一原子力発電所で「揺れを感じたあと、爆発音がした。けが人が数名いるもよう」という情報が東京電力から入り、経済産業省の原子力安全・保安院が、状況の確認を急いでいます。原子力安全・保安院では記者会見を開いて、内容について発表することにしています。
・・・・・
結局、自分でネットで調べるしかないようだ。

枝野官房長官は1号機と同様の水素ガス爆発であると発表。この爆発で建屋は骨組だけになり、作業をしていた東京電力と協力企業の作業員、および自衛隊員の合わせて11人が怪我をした[59]。このうち重傷を負った東京電力の作業員1人は被曝した[60]。さらに、3月27日付の英テレグラフ電子版では、3号機が爆発した時、現場に居合わせた陸上自衛隊中央特殊武器防護隊の6人が、爆発に巻き込まれ死亡していたと報じている[61](ただし、3月28日現在の政府広報発表では、この事故によって死者が出たとの報告はない[62])。
なお状況証拠として、確かな事は、東京新聞の以下の記事だろう。

 東京電力は三十日、福島第一原発で四月から働く作業員四千三百二十五人のうち、千二百九十五人と連絡が取れず、被ばく検査を行っていないことを明らかにした。ほぼ三人に一人で、厚生労働省は十三日までに被ばく状況を報告するよう東電に指導を行った。
 東電によると、六月二十五日までに放射線量を測定したのは二千二百四十二人と、ほぼ半数にとどまった。残る半数が被ばく検査を済ませておらず、連絡が取れない千二百九十五人はすべて東電の協力会社の作業員。東電や厚労省は、会社を退職して所在がつかめなかったり、氏名が分からないケースなどがあるためとしている。
 一方、被ばく検査した作業員で、通常時の年間限度にあたる五〇ミリシーベルトを超えたのは十人。最高は一一一ミリシーベルトで、協力会社の社員。厚労省の担当者は「四月になってもこれだけ高い数字が出るのは異常だ」と話している。
 ふー、こんな簡単な「福島原発の爆発事故による、直接的な死亡者数」さへ、
ハッキリとわからない。
この国は完全に情報統制されている、と言う事がよくわかる事例だ。
そして日本には本当のジャーナリストはいない、と言うことも。
少なくとも大手マスコミには。

 こうなると福島県の政治家のブログを引用するしかなさそうだ。

<福島県川内村村議会議員
 西山千嘉子氏からの情報>
福一の死亡者は3名ではなく4300人が真実

原発作業員の死亡はこれまで3名と発表されているが、あくまでも、作業中に体調不良で亡くなった方の数。契約を終えて家に帰ってから亡くなる方が多いが、それはまったくカウントされていない。
これまでフクイチ原発作業に携わった作業員は、のべ約10万人、そのうち約4%にあたる4300人が亡くなっているという。直接の死因は心筋梗塞が多いようだ。そのようにして亡くなくなった場合には、億単位の多額の口止料が支払われており、口外すると没収されてしまうため、家族も一切口をつぐんでいるようだ。
原発作業員以外にも、自衛隊員が64名、警官が300名近く、亡くなっているようだ。警官は、警戒区域の検問などに常時携わっているが、防護服なしなので、被曝量は相当なものになっているはずだ。
-えらい話なのでソースを確定して分析します。
1. まず二次情報提供者としての西山さんのブログ
http://megalodon.jp/2011-1107-1305-15/blogs.yahoo.co.jp/chikako_5155/7006995.html
- ‎2.原発作業員が百数名、亡くなっていて、遺体は福島県立医科大学に放射線障害研究用検体』として管理されているくだりについて。
" 瀬戸教授"という人が一次情報インフォーマント、と解釈できますので、ちょっと調べてみました。
以下の事実が判明しました。
瀬戸教授とは「災害対策実行本部本部統括監・東北大学瀬戸翼教授」です。
(参考)
福島原発の行方不明の中で、実はもう死亡者は何体かが献体されていた?
http://bit.ly/sEGL7d
・・・・・・・・・・・・・・・・・
西山さんに直接取材するしかなさそうである。
- 以上、西山さんの情報で精度の高そうなものは、瀬戸教授の内部告発による、行方不明者のうち数名が県立医大に検体として持ち込まれていたという部分ですね。現時点では、彼女が意図的になのか単に伝聞なのかソースをおおっぴらにしていないので、そこまでしか分析できません。
- 今後の真相解明が極めて重大な関心を惹くところです。
-- しかし常識で考えて原発事故後、作業員で行方不明になっている方々が多数いらっしゃる事が事実であり、自衛官の乗った車両が到着した途端にその横で水素爆発した、という事実もあるわけだから、当然多数の被曝者、急性白血病などの死者が発生しているはずであって、ないはずがない。
体系的で、かつ誠実な調査を行えば、西山さんの推測をはるかに超えた被害が明らかになる可能性は非常に高いと言わなければならない。


 一方では、こんな情報も

福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなくしているのだが、惨状に堪えられない医師や看護師らから、次第に洩れ始めている
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/205490
◆〔特別情報〕
 東北大学医学部附属病院が、福島第1原発について「極秘情報」が外部に洩れないように緘口令を敷いている。
 それは、福島第1原発の大事故現場に送り込まれた作業員(約3000人)のうち、すでに800人が放射能により死亡しているのに、東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れないようにしているということだ。患者たちは、一旦、東北大学医学部附属病院で診察を受けた後、新潟県内にある分院に移送されて、静かに死期を迎えるまで過ごす。放射線治療を受けても、手の施しようがないからである。

このような記事を見てくると、福島原発事故の爆発で、少なくとも東電社員や作業員、自衛隊員ら800人以上は亡くなっていそうな感じだ。
くやしいけど、それぐらいしかわからない。

それに対し
e0069900_08153093.jpg

そう!これから日本財団のことは「日本テロ財団」と呼ぼうと思う。

なお福島原発事故に関しては、もっとドデカイ「島津論文」があるのだけど...
他のブログに譲ります。


超ド級暴露情報「島津論文」の内容をあっさりまとめてみます。

島津論文(福島原発事故の原因)



[PR]
# by rakusen21 | 2015-03-03 08:16 | 福島原発事故 | Comments(4)